工事が必要になる水漏れの修理

給湯器の水漏れはさまざまな水のトラブルにつながっていきやすく、近隣にも影響を与えてしまう恐れがあります。自分で修理をできることもありますが、状況によっては大規模な工事をしなければならない場合も出てきます。
給湯機本体は見える場所にあっても、すべての箇所が自分の手で届くとは限りません。構造的に考えてもさまざまなエネルギーを使っているため、専門的な知識が必要になってきます。そのため、素人が手を出せる部分と出せない部分を切り分けて考えていく必要があります。無理をして修理をしたとしても、機能を取り戻せるどころか、さらに壊してしまうこともあります。リスクをしっかりととらえて修理などを検討をしていくようにしましょう。

■どこから漏れてきているのか

初めに給湯器の水漏れがどこから起きているのかを確認することが大切です。水漏れが発生するのは必ずしも見える場所とは限りません。配管は地中や壁の中を通っていることも多く、この場合は素人で簡単に交換することは難しくなります。水漏れを見つけることはできますが、できるだけ早めに工事を行うことが必要になります。異常がわかった時点で、水の供給を止めてしまい、専門業者に連絡をするのが一番の対策です。
特に壁の場合、現状で出てきている問題と、内部で起きている問題は一致しないようなこともあります。かなりひどい状況になっていることも考えられるため、早期に対処をすることが求められます。

■修理ができるかどうかの判断

自分で修理ができるかできないかを判断するのはどのような点においてなのでしょうか。単純に水漏れとして考えれば、その部分を修理するか交換すれば済んでしまいます。ところが、給湯器は他のエネルギーも使っているところが他の水回りの修理との大きな違いになります。エネルギーを使っている部分に水がかかれば、大きな問題が生じることになります。供給しているものによっては大参事になることも考えられるので、なるべく早く工事を進めていく必要があるでしょう。
もちろん、知識が追い付かないと思ったときには、自分での修理はいさぎよく諦めることがポイントです。修理をするとしても、工具や部品が必要になります。自信がないと思う時には手を出さないことも大切な勇気であることを理解するようにしましょう。何でも自分で解決できると思い込むことが最も危険なことです。

■まとめ
給湯器の水漏れは、本体からだけとは限りません。いろいろな場所から水が漏れる可能性もありますし、ドレン排水から漏れるという元々持っている機能も考えられます。一体どこから漏れてきているのかを確認しながら、対処を検討していくことが大切です。
無理をしたとしてもリスクは減るわけではなく、むしろ大きくしてしまう恐れもあります。無理だと思ったときには、できる限り早く専門業者と相談して進めていくようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ