給湯器につながる水道からの水漏れの修理方法

給湯器を含め、水漏れには一定の修理方法が存在しています。これは原因が同じような場所にあるからです。自分で修理をすることができる場合もあるため、普段から工具を用意している人もいるでしょう。
だからといって、すべての人が修理を自分でできるとは限りません。自分自身でやることに自信がないと感じた時には、専門業者に依頼をしていくことが必要です。特に水道 修理はできそうでできないことも多数あります。

■水漏れの箇所がわかるのなら

給湯器には、必ず水道が接続されています。水の供給なしにお湯を作り出すことはできません。この水道からの供給に問題が出てくると、給湯器は機能を発揮することができなくなります。修理を考えていく必要がありますが、水漏れの原因として考えられるのは接続部分です。接続部分は時間とともに気密が取れなくなり、水漏れが発生しやすくなります。
修理方法としては、水の供給をいったん止めてから水道の管を取り外し、部品を交換するか、止水テープなどをしっかりと巻き直して気密性を高めるという方法を採ります。接続部分から水漏れをしているだけであれば、そこまで難しい問題ではありません。

■水には圧力がかかっている

給湯器と水道の関係では、圧力をかけて送られてくるところが重要です。水圧とも呼びますが、単純に水漏れを起こすというだけではなく、内部で貯められなくなっているような事態も発生します。圧力に耐えきれず、他の部品が壊れているようなこともあるでしょう。原因がどこにあるのかによっては、素人が手を出さない方が安全な時があります。
修理の方法がわからないときや、自信がない時には専門家に依頼して修理をするのが最も安全です。パッキンの交換などであれば修理方法は調べると出てきますが、内部の構造的な問題となると素人では難しいことになるでしょう。そのままにしていても回復することはないので、早めに決断をしなければなりません。

■まとめ
給湯器は生活に欠かせない設備になってきました。修理を急がなければならないのは、日常的に必要だからです。水道から水を供給しなければ利用することができないので、水漏れが起きている状況を見たら、異常をきたしているサインとして考えてみることが大切でしょう。
サインを出してくれていると考えれば、大事なポイントになってくるため、見逃したりすることなく対処の方法を考えていかなければなりません。目につかない場所に設置されていることもあるので、たまにのぞいてみることも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ